本文へスキップ

2級土木施工管理技士通信講座で合格を目指そう

1級造園施工管理技士/2級土木施工管理技士

2級土木施工管理技士 講座

2級土木施工管理技士 通信講座

1級造園施工管理技士

■資格内容

造園工事の指導・監督に従事 
1級造園施工管理技士は、建設業法人に定められた造園工事業において営業所ごとに置く専任技術者、工事現場ごとに置かなければならない主任技術者または監理技術者となる。
 
造園工事の現場における指導監督的な職務に従事する者であり、各種造園施工技術及び組合せ造園施工法についての指導、監督を的確に行う知識と能力を有している者である。


■試験内容

学科試験と実地試験で判定 
学科試験と実地試験があり、学科試験に合格すると、実地試験の受験資格が得られる。前年度、学科のみ合格者は、実地のみ受験可。実地試験合格者は、所定の手続きを行うことで、1級造園施工管理技士と称することができる。


■詳細情報
受験資格: 土木工学、園芸学、林学、都市工学、交通工学または建築学に関する学科の卒業者で、実務経験年数が、大学は3年(指定学科以外は4.5年)、短大・高専は5年(同7.5年)、高校は10年(同11.5年)、その他は15年以上の者、2級技術検定合格者は5〜14年以上の者。専任の主任技術者経験1年以上を含む場合は3〜13年以上の者。
(注)専任の主任技術者=公共性のある工作物に関する重要な工事で、一件の請負金額が2,500万円以上の工事現場には、「専任」の「主任技術者」を置かなければならない。
試験科目: 学科(択一式)=土木工学等、施工管理法、法規。 実地(記述式)=施工管理法。
申込期間: 学科=5月下旬〜6月上旬、実地=10月中旬〜下旬
試験日: 学科=9月上旬、実地=12月上旬
試験地: 札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
受験料: 学科=10,400円、実地=10,400円
受験者: 学科=5,757人 実地=2,748人(平成21年度)
合格率: 学科=32.7% 実地=25.3%(平成21年度)


■問い合わせ先
(財)全国建設研修センター 造園試験課
住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町ビル
TEL:03-3581-3408


土木施工管理技士 通信講座

■1日のレッスン時間はわずか60分。6ヵ月で合格力が身につきます

■過去10年分の出題傾向を分析したオリジナルテキスト!

■資格を取得すれば、管理者として仕事も任され、昇進・昇給につながります!

■費用について
一括払いの他、分割払いもご利用になれます。

一括払い:54,000円
分割払い:3,900円×14回(14か月)総計:54,000円

※支払い期間と標準学習期間は異なります。
※標準学習期間は6ヵ月、添削回数は7回(総合模擬試験1回を含む)です。

■教育訓練給付制度により学費の20%が戻ります。

通信講座の無料資料請求はこちら