本文へスキップ

2級土木施工管理技士通信講座で合格を目指そう

1級管工事施工管理技士/2級土木施工管理技士

2級土木施工管理技士 講座

2級土木施工管理技士 通信講座

1級管工事施工管理技士

■資格内容

管工事の指導監督的な技術者 
ライフラインともいわれるガス、上下水道、冷暖房・空調システムなどの管工事は、建築設備上も都市基盤レベルでも重要な部分である。1級管工事施工管理技士はその各種管工事において、施工管理技術者の技術向上をはかる指導監督的な職務に従事し、施工技術及び組合せ施工法について指導・監督を的確に行う。


■試験内容

学科は機械工学等の択一式 
学科試験と実地試験があり、学科に合格すれば実地試験を受けられる。この両方の合格者は、建設業法での管工事業の許可に関し必要とされる、営業所での専任の技術者、工事現場での主任技術者及び監理技術者となることが認められる。


■詳細情報
受験資格: 土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学または建築学に関する学科の卒業者で、実務経験年数が、大学は3年(指定学科以外は4.5年)、短大・高専は5年(同7.5年)、高校は10年(同11.5年)以上の者。その他の者、2級技術検定合格者は5〜14年。高校、その他、2級合格で専任の主任技術者経験が1年以上ある者は、実務経験年数が2年短縮される。
(注)専任の主任技術者=公共性のある工作物に関する重要な工事で、一件の請負金額が2,500万円以上の工事現場には、「専任」の「主任技術者」を置かなければならない。
試験科目: 学科(択一式)=機械工学等、法規、施工管理法。 実地(記述式)=施工管理法。
申込期間: 学科=5月、実地=10月
試験日: 学科=9月上旬、実地=12月上旬
試験地: 札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
受験料: 学科=8,500円、実地=8,500円
受験者: 学科=18,491人、実地=7,175人(平成22年)
合格率: 学科=29.2%、実地=60.1%(平成22年)


■問い合わせ先
(財)全国建設研修センター 管工事試験課
住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町ビル
TEL:03-3581-0139


土木施工管理技士 通信講座

■1日のレッスン時間はわずか60分。6ヵ月で合格力が身につきます

■過去10年分の出題傾向を分析したオリジナルテキスト!

■資格を取得すれば、管理者として仕事も任され、昇進・昇給につながります!

■費用について
一括払いの他、分割払いもご利用になれます。

一括払い:54,000円
分割払い:3,900円×14回(14か月)総計:54,000円

※支払い期間と標準学習期間は異なります。
※標準学習期間は6ヵ月、添削回数は7回(総合模擬試験1回を含む)です。

■教育訓練給付制度により学費の20%が戻ります。

通信講座の無料資料請求はこちら